海外旅行保険加入は無料!?クレジットカードを有効活用!利用付帯を有効にするためにしたこと。

こんにちは。

はなそ(HANAK)です。

1.海外旅行保険、どこで加入する?

海外旅行保険といえば、大手保険会社から入るものだと思っていました。

試しに試算してみると・・・

アジア30日間で10,000円~20,000円程度。高い・・・。

2.無料で入れる海外旅行保険?クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用しよう!

そこでいろいろと調べてみたところ、海外旅行保険付きのクレジットカードがあることを知りました。しかも無料で作れるカードもある!!

しかし、クレジットカードに付帯されている海外旅行保険はやや補償金額が少なかったり、というデメリットがあるようだったので、エポスカードと楽天カードの2つのカードを作ることにしました。(もちろん両カードともに無料で作れます!)

↓楽天カード

なぜ2つのカードを作ったのかというと、

病気や怪我の治療費用、救援者費用、携行品損害、賠償費用などは、

クレジットカードごとの補償額が合算されるしくみだからです。

年会費が無料なだけでも一般的な海外旅行保険に加入することを考えるとかなり得した気分だったのですが、さらにエポスカードと楽天カード、どちらもキャンペーンをやっていたので、加えてキャッシュバックをもらってとっても得してしまいました!

3.自動付帯と利用付帯?クレジットカード付帯の海外旅行保険の注意点。

しかし、1点だけ落とし穴が・・・

海外旅行保険付きのクレジットカードには自動付帯と利用付帯の2種類があります。

自動付帯はカードの持ち主が海外に行くと自動的に海外旅行保険が有効になります。持っているだけでOKの便利なカードです。

一方、

気を付けないといけないのは、利用付帯のカードです。

利用付帯の場合、海外旅行保険を有効化するためには自宅から出発空港までの交通費や、海外旅行代金を当該カードで支払う必要があるのです。

エポスカードは自動付帯ですが、楽天カードは利用付帯のため空港までの交通費や旅行代金をカード決済する必要があります。

ぼくは既に航空券を購入後に楽天カードを作ったので、楽天カードの海外旅行保険を有効にするためには空港までの交通費をカード決済する必要がありました。

クレジットカードでセントレアまでの交通費を支払う。

今回は名古屋駅から中部国際空港から出発する予定だったので、名鉄電車で行こうと思っていました。しかし、クレジットカードが使えるのか調べてみたところ、、名鉄はクレジットカードが使えない・・・。(※正確には名鉄のクレジットカードしか使えない。モッテナイシ。)

どうやら私鉄はその私鉄独自のクレジットカードしか使えないようです。

リムジンバスで空港まで行くこともできるみたいなのですが、電車であれば名古屋駅から870円で行けるところ、1500円(約倍!!)もかかってしまいます。

この交通費は空港までの乗り継ぎの一部乗車券でもOKとあります。

(楽天カードの場合)

そこで、名古屋駅ー金山駅まではJRを使い、金山駅から名鉄に乗り換えて中部国際空港まで行くプランにしました。

JRであればなんの問題もなくクレジットカードが使えます。

みどりの窓口に行き、170円の乗車券を楽天カードで支払って購入しました。

① 名古屋ー金山駅 170円

② 金山駅ー中部国際空港 810円


合計  980円

リムジンバスを使うより、お得なうえに早くかつ利用付帯の海外旅行保険を有効にすることができました!

セントレアに行くまでの交通費決済に利用付帯のクレジットカードを使おうと考えている方はぜひ参考にしてください。

はなそ(HANAK)

最後までお読み頂きありがとうございました。

フォロー、いいねなどして頂けるとすごく嬉しいです。

また、

ご意見、ご質問などございましたらお気軽にご連絡ください。