1人目のヒーロー『ヒゲきちゃん』ep1.泥棒猫からゲンコツの申し出「HEROES around Me!(ぼくの周りヒーロー!)」

HEROES around Me!ぼくの周りのヒーロー!」

 
 

ぼくの周りにはすごい人がたくさんいます。

人には恵まれているなっていつも思います。
そんなぼくの周りにいるすごいヒーロー(英雄)を紹介していきたいと思います。
また、
これから出会ったヒーローを紹介していきたいと思います。
 

1人目の英雄『ヒゲきちゃん』

一人目は幼馴染のヒゲきちゃんです。
 
 
 
彼はどんなヒーローかというと、
ヒゲの濃い嘘つきです。
本当に嘘ばっかりつきます。
しかも、
泥棒です。
 
 

ep1.泥棒猫からのゲンコツの申し出

 
ヒゲきちゃんはいつもヒゲが濃いことを気にしていました。
(16歳くらいの時)
 
ヒゲを剃ってアルバイトに行くと、
アルバイトのおばちゃんに、
「どうしたん!?顔真っ青やで!体調悪いんか?」
と言われたそうです。
 
また、
三國無双というゲームの呂蒙というキャラに似ていると言われていました。
 
 
このようにヒゲで悩んでいることを、
ぼくの家で遊んでいる最中に、
打ち明けてくれました。
ぼくは、
元気づけようと思い、
「呂蒙は呉の猛将やで」
と言いました。
 
すると、
ヒゲきちゃんは
「俺、大将か?」
と言って嬉しそうにしていました。
 
しかし、
嬉しくても、
やっぱりヒゲは気になります。
なぜなら、
ヒゲきちゃんはヒゲがあるから女にモテないと考えていたからです。
ヒゲきちゃんは女好きなので、
いくら男に褒められても納得がいきません。
 
だから、
「ヒゲの問題を解決せなあかん。」
って考えているようでした。
 
 
 
ヒゲのことやそれ以外のことを、
家でペチャクチャ喋っていました。
その時に別の友だちから電話があり、
「どっか遊びに行こう!」
と誘われ、
遊びに出て行くことになりました。
 
 
そこで、
外に出て行くなら、
眉毛でも整えていこうと思い、
毛抜きを探しました。
 
 
ところがどこにもありません。
いつも使っている毛抜きがいつもの場所にないのです。
パッとあたりを見渡しても、
見つけることができませんでした。
 
ぼくの部屋は散らかってしましたが、
何がどこにあるかは覚えていました。
よく使うものはいつも同じ場所に置くので、
無くなることはまずありません。
 
どこかに落ちてしまったのかなと思い探しましたが、
見つかりません。
さっきまであったのにどうしてだろうと探しているときに、
ふとあることを思い出しました。
それはヒゲきちゃんの一言です。
 
 
「ヒゲって毛抜きで抜けるかな?」
です。
ぼくは何気なく、
「抜けるやろ」
って答えました。
この時に、
彼は心を決めたんだと思います。
 
しかし、
ヒゲきちゃんは、
ぼくが感づいたことに気づいていません。
だから、
「あれー?何でこんなもんがなくなるんやろな〜。どこ行ったんやろな〜。」
って白々しく言いながら、
一緒に探す振りをしています。
 
だから、
ぼくは、
「ポケットの中見せてくれ」
って言ってみました。
 
すると、
ヒゲきちゃんは、
「え?ポケット?
、、
、、、ええで」
と言って、
白々しくポケットの中をゴソゴソし出しました。
 
 
そうしたら、
大声で
「あ!!!!
何やこれ!!?
何でこんなもんがあるんや!!?」
とまだ演技を続けました。
 
しかし、
ぼくの顔を見て、
彼も演技の限界に気づいたようです。
 
神妙そうな顔をして、
「ゲンコツでええか?」
と彼の方から申し出てきました。
 
ぼくは、
「ええよ」
と答え、
キッツイのを一回だけ思っ切りしました。
 
 

ヒゲきちゃんの良いところ

 
ヒゲきちゃんはこのように悪いこともいっぱいしますが、
いつもぼくや友達を笑顔にしてくれるマンガのキャラのような男です。
世界で一番尊敬している人はこち亀の両さんらしいです。
これからもたくさんエピソードを作ってもらえるのが楽しみです!
 
 
 

はなそ(HANAK)

最後までお読み頂きありがとうございました。

フォロー、いいねなどして頂けるとすごく嬉しいです。

また、

ご意見、ご質問などございましたらお気軽にご連絡ください。